佐久間象山は何故暗殺されなければならなかったか

偉人

本記事の内容

佐久間象山ってなにした人?

動乱の幕末、「公武合体」「開国佐幕」を主張した。
当時開国を迫る欧米の技術に追いつき「西洋と同等の国力を持って国を守るべき」との考えで、大砲、電信機、電気治療器等をオランダのシュメール百科事典を基に作成する。

弟子の吉田松陰は象山の思想を受けアメリカ密航を企て失敗する。松陰は死罪、象山は9年間の蟄居となる。蟄居が解け天皇の招聘を受け京都にのぼり暗殺される。

書、漢詩にも優れ彼の作品は美術品としての価値を持つ。稀有の天才と言われた。



いつの時代の人?

江戸時代末期
1811年信濃松代藩下級武士の子として生まれる。ペリー再来航の時横浜警衛の軍議役に任じられる。吉田松陰死罪と共に象山蟄居を命じられる。1864年明治維新前夜、幕命で京都にのぼりさん城木屋町で暗殺される。54歳。

▶幕末当時、尊王論(天皇制政治)、攘夷論(外国うち払い)、佐幕(幕府による統治)、公武合体論(尊皇と佐幕の両立)、開国論(外国と国交を開く)等の思想が入り乱れ、激しく対立し、殺戮するというテロリズムに走った。テロのターゲットは下級武士の進取の思想家とそのグループとなった。進取とは、封建制度を打ち砕く近代社会構築の考え方である。

科学技術の遅れとは、まさに国を乗っ取られるということであった。長く鎖国の平安にいた日本人にとってこの選択は至難と言えた。その中で、科学技術の面で西欧諸国からの立ち遅れを知る人物が希少であったことがこの悲劇的動乱を起こしたと言える。

どのような人生だったか

1825年 15歳で藩主に謁見。神童の誉れ高く見出され、元服時謁見を許される。

1833年 江戸に遊学。斎藤一斉に師事する。

1836年 帰藩。松代藩学問所の教師となり、象山(ぞうざん)の号を用いる。

1839年 アヘン戦争起こる。
▶中国清王朝が英国によって滅ぼされた。これを知った幕府、識者のみが日本の危機を感じていた。

1842年 藩主幸貫が幕府老中海防掛となり、海外事情の研究を命じる。「海防八策」を上書。

1844年 オランダのショメール百科全書によりガラスを作る。オランダ語習得。幸貫老中退任

1847年 善光寺地震。 出役の功で藩主より賞される。

1849年 オランダ語字書(ズーツ、ハルマ)の出版を幕府に願い出る。息子の格二郎に種痘を施す。

1850年 松代城南虫歌山で砲術を演じる。

1851年 江戸木挽町で砲術を演じる。吉田松陰、小林虎次郎入門。

1852年 最大の象山の理解者であった幸貫没す。勝海舟の妹、順と結婚。

1853年 ペリー浦賀に来航。藩の軍議役となる。

1854年 下田開港に反対し、横浜開港を主張。松陰密航に連座し江戸伝馬町の獄に入り、蟄居を命ぜられる。

1858年 望遠鏡で月を観測。

1858年 米吏応接の意見書を上申。電気治療器、地震計を作る。

1860年 高杉晋作が松陰の書を持ち訪れる。桜之賦を作る。
▶桜之賦は天皇を賛美し、天皇制を示唆する漢詩である。この詩が天皇の知るところとなり後年京都へ招聘される。

1862年 長州藩、土佐藩が象山招聘を計る。蟄居が許される。

1864年 幕命により京都にのぼり、海陸御備向掛手付を命ぜられる。

7月11日、三条木屋町で暗殺される。54歳。明治維新2年前であった。

後世に残したものは何か

暗殺されたことでお家断絶となった佐久間家であったが、1889年明治維新の功労者として吉田松陰等と共に正四位を受け、維新の先覚者として顕彰活動が続けられる。

結果的に維新後、天皇制のもと政府は積極的に西洋文明を取り入れた。これは佐久間象山の構想にほぼ近いものと言える。

多くがテロと権力により断罪され命を落とした。江戸城無血開城は多くの若者の犠牲の上に成ったものである。

関連する人物

  • 吉田松陰
  • 勝海舟
  • 高杉晋作
  • 久坂玄瑞
  • 佐藤一斉
  • 渡辺崋山
  • 徳川斉昭
  • 藤田東湖
  • 樫本佐内
  • 川路聖謨
  • 坂本龍馬